大阪で二重手術!切開法と埋没法のメリットを比較しておこう

サイトマップ

二重

二重手術の埋没法あとは違和感が残る?

綺麗な女性

自分の目を二重手術の埋没法で行ったからといって、すぐに自分の身体になじむわけではありません。埋没法というのは、メスを使わずに糸などを利用して二重を作ること。そのため目元に傷を残すことはありません。その点から、二重を作りたいという時に、気軽に埋没法を選択する人は少なくないのです。
しかしながら、これまでとは違う二重が出来るのですから、手術をしたからといって、すぐに自分の目になじむわけではありません。多少の違和感を感じる人は少なくありません。ではどんな違和感かというと、まずは埋没法の後には、痛みを感じる人が多いです。
これは手術でまぶたを操作した痛み。埋没法の後には、どうしても少し腫れてしまいますし、小さな組織から内出血を起こすこともあります。そのため多少の痛みは仕方がないのです。
また別の違和感もあります。それはまぶたを引っ張られるという感覚です。埋没法では、皮下に糸を通して二重を作っているので、その糸がなじむまで瞬きのたびに、何となく引っ張られるという違和感を感じる人が多いのです。これはだんだんと糸がなじんでくることによって違和感もなくなってくるでしょう。また腫れも引いてくるので、瞬きをしても目が重たいという感覚もなくなってきます。

Pick Up

笑う女性

埋没法での二重手術

18歳の時、毎日していたアイプチがとうとう限界になりアイプチはまぶたの皮が伸びてしまうとの口コミもきき友人が二重手術を行ったことがきっかけでバイト代をためて埋没法手術を行いました。当時、二点止めの埋没法は両目で3万前後でした。18歳になっていれば保護者の同意書も必要なく、両親には内緒で病院にむかった当日に施術しました。帰りはものすごくはれるので、サングラスが必須で…