大阪で二重手術!切開法と埋没法のメリットを比較しておこう

サイトマップ

二重

埋没法での二重手術

笑う女性

18歳の時、毎日していたアイプチがとうとう限界になりアイプチはまぶたの皮が伸びてしまうとの口コミもきき友人が二重手術を行ったことがきっかけでバイト代をためて埋没法手術を行いました。当時、二点止めの埋没法は両目で3万前後でした。18歳になっていれば保護者の同意書も必要なく、両親には内緒で病院にむかった当日に施術しました。
帰りはものすごくはれるので、サングラスが必須で車の運転もできないことは事前に聞いていたので、用意をして15分ほどの診察でどこにどんな風な二重になりたいかと先生とカウンセリングをしました。施術は部分麻酔なのでもちろん感覚や記憶もあります。会話のできるので、手術室で看護師さんと会話をしながら施術自体は20分かかったかどうかの短い時間でした。施術中は長く感じ、麻酔も痛みはありましたが麻酔が効けば引っ張られている感覚なだけで痛みもありません。
縫い終わった直後はさほどはれていませんが幅広の二重です。わたし平行二重になりたかったのですが、縫う場所を広めにしても目頭の皮がピンと張っている人は腫れがひくと幅広ではなく奥二重になる人もいる、とのころでした。案の定3年後には奥二重になり、埋没法のデメリットである糸が切れる、という状態になりましたが痛みもとくになくすでに癖ついて二重になっていたので進学・就職前のあの時に施術してよかったと思っています。

Pick Up

笑う女性

埋没法での二重手術

18歳の時、毎日していたアイプチがとうとう限界になりアイプチはまぶたの皮が伸びてしまうとの口コミもきき友人が二重手術を行ったことがきっかけでバイト代をためて埋没法手術を行いました。当時、二点止めの埋没法は両目で3万前後でした。18歳になっていれば保護者の同意書も必要なく、両親には内緒で病院にむかった当日に施術しました。帰りはものすごくはれるので、サングラスが必須で…